6月2017

男性は早漏婦人科5大誤解に対して

を引き起こすことができなくて、いちで女性と性交快感早漏:男女性機能を発揮して、ある"男の速い女性が遅い"の特徴、男子表現を勃起は迅速で、すぐに性高潮で射精;反対に、女子の表現を性的興奮が遅いので、普通は経た十数分いくつかの時間が長くても遅い.

これは生まれつきの差だから、男は射精して女は根本的には性高潮に達してない、これはありふれたことだ.このような状況に対して、せいぜい性交と配合した性生活が調和しない問題です.

に、新婚早漏が一生早漏:新婚段階に発生しやすい早漏、ここでいくつかの原因:第一に、新婚段階性興奮特に高まって、性生活に憧れと憧れ、新鮮で好奇心があって、簡単に励起射精;第2、未婚の段階性器官でザーメン蓄積を生むことができて満腹性刺激、新婚は性生活,レビトラ,婦人科、速い射精しやすい;第三,最初は性生活、夫婦の間には至っていない満足配合の境界で、性機能の発揮は完全に正常な状態に入って、易が早期射精;第4、結局最初性生活、精神と心理の上に多少の考え方例えば知らない自分がいけないのか、それで満足している.女性は一体?過去にオナニーは邪魔?など.この精神因子干渉性機能を発揮、早漏を起こしても無理です.

P3、
早漏は勃起した必然的な勃起障害:早漏と勃起不全の発症機構と違い、そのため、相互に因果関係はありません.しかし確かに患者が発生し、長い時間早漏勃起障害が発生した後、また、これは心理の要素のせいで、長期早漏で、自分はむしゃくしゃして、毎回性交もおどおど、恐らく性生活の質が悪い,恐らく妻に満足しないで、そして心理締める枚、焦りや心配、これらの心理の要素を十分に勃起障害を起こす.もし本当に人に嘲笑されるなら、皮肉ると責めて、いっそう心の傷、ますます心理外傷をもたらし、勃起不全.

私は4、長いセックスした後で早漏、自分の性機能は問題がある:実際には、射精時間が出現の速いと遅いと、性交と時間の長さの間に反比例関係が存在している.つまり、性生活が活発で、毎回性生活の間の間隔の時間が短くて、性交時射精することが現れます.一方、性生活は多くなく、長く無性生活の中で、性飢餓、状況下、性興奮が急増し、性交したらすぐに射精されます.だから、たまには久しぶりに生活をして、性交して現れる早漏は、性機能に障害があるとは.

p> <ごと、他人が自分より速い、射精は早漏:これは更に大間違いだ、この他人と比較的にはまったく必要ない、一人一人の性生理活動と違って、しかも性生活経験と性生活週波数も全く同じで、比較可能性でないので、こうやって.

pは明らかにならないと

あなたの婦人科出産能力は、これらの生活の詳細を破壊する

今この時代、女の命はますます多彩になり、最も原始的生活義務——出産、現代医学の発展により、空前の自由:生まれの生をもたらしたのではないか.何時生?何で生?権力を選んで完全に私たちの手には完全に.しかしあなたが注意していないで、実は生活の中の多くのあなたに冷ややかな細部まであなたの影響を壊す出産能力、続いて、あなたに教えて以下の5つの妊娠する知識はいつも自分を加護してこそ、成功に楽しいマミよ,
レビトラの成分

1大貸越貸越:人工流産

は人工流産は、人工流産、骨盤炎、結果、喇叭管――私たちの体には非常に重要な生育チャネルで、それの内径にはボールペン芯の太さがある.卵管炎症後に滯が発生し、不妊が発生します.

により、出血の危険性は大きい、出血時間が長く、感染の機会がもっと多いということです.

また、人工流産を繰り返して、子宮の機能層は痩、妊娠、妊娠時、胚胎は石の中の若木,婦人科、多くの栄養分を得るために、一生懸命深く深く根を根づくことが必要です.出産時の胎盤で自動娩出し、より重いと胎盤インプラント、胎盤や子宮に成長して一体になって、医者は子宮切除する.流産の回数と将来の発生の危険は比例して比例するのです.

二大貸越貸越:喫煙

は喫煙

を喫煙<P>しては1つのとても自然な生理過程で、多くの女性はすべて軽くなって10個の月を過ごすことができて、喫煙する女性、容易に妊娠の合併症が発生しやすいです.

は、ニコチンとニコチンが全身血管に病変、子宮血管もおかさ.妊娠初期に発生しやすい流産、中期、妊婦が高い症の危険が大きい、全身の血管けいれん、血圧が高く.について、高い症は妊娠中最も危険な合併症のひとつ.

長期喫煙よりも体を壊してしまうシステム全体のホルモンの影響、卵巢の機能によって、内分泌の原因の不妊症.私達はすべて知っていて、タバコを吸う女容貌早老、ただ体オーラの表現を反映して、内部に期待をされたホルモンシステム――女つやつやの顔で潤すのエストロゲン.

貸越:年齢は35歳以上の

は年齢が35歳を超えて女の人の生理的な法則から、生育能力最強は25歳、30歳後にゆっくりと下降し、35歳以降には急速に下降し,44歳以後、87歳以後、女性は受胎の能力を失った.

最近海外一つの実験を行い、体外人工授精、よんじゅう歳以上の女性の卵子と若い男性の精子を1組,さんじゅう歳以下の女性の卵子とごじゅう歳以上の男性の精子をもう一組、後者の成功率が著しく前者より高い.この説明、年齢の増加は女性の出産能力の影響に対してもっと大きい.

男性にとって精子は30日に1回更新され、女に対して、生まれてから、卵子は私たちと

養生18は女の婦人科人に靑春靑春を保つ

美しいと健康で、すべての女性の新年の最も集中する心の声,
早漏.咲き乱れる忙しいの世界では、あなたは本当に巨细无遗にやって細部のですか?実は、いい大を捉え小を解き放す、捉え以下は最も肝心の十八条軍規で、あなたは自分の体の優れた管理者.

1、1、アイデアは積極的な

ですpこれとモルヒネの痛み止めと同じ役に立つ.心からの微笑、体を向上させることができる物質の物質を放出することができます.だから、一番悪い一日を過ごしたとしても、一番積極的な方式で考えて.

二、昔の友だちに関心を持つ

一ヶ月とあなたが1度会った"古い友達"と、女の良い友達、また女性の出産する能力の表現.彼女というのは正常で、どれらが彼女という異様な信号だと、気にしている.月経はとても良い女性の全体の健康を反映して、女の人の全体の健康をよく反映します.だから、もしどのように彼女はノックもしないで、何時に淋漓、量が少なくなり、検査してみる:最近ストレスは大きい?やはり卵巣、甲状腺などの方面はある状況が現れたのですか?糖尿病の兆しまでは?

p3、下腹部が引き分けになって

p>と<人も少なくない毎日に数百個腹筋がエアロビクス練習するうちにじょうずに下腹が、限り练習し続けるろく時間練習して、腹部は燃えないここの脂肪.お腹が练習ば、30分以上活動できる運動心の運動、例えば走る、そして1週間3回、これこそ本当の燃え脂肪.

4、正確妊娠期間

Pは、正しい時間でセックスはしないという女性不妊の原因として、女性不妊の原因は.どうするべきか.あなたの日月経算出潮、後ろにカウントダウンじゅうにじゅうろく日まで.その数日間、2日間少なくともセックスは一度セックスして.かわいい精子に排卵期に触れさせて.

p五、薬は気をつけて

に気をつける薬の説明書を詳しく読むと,婦人科、詳しく読む前に、薬の説明書を詳しく読む.簡単に見えますが、事実上たくさんの人が真剣に処方箋に処方され、薬の副作用をよく見ない人は、実は重要なことです.ある女性は婦人科医、皮膚科医に処方薬を処方する薬を処方.実際、それらの間には衝突が生じる可能性がある.処方薬の薬効に影響を与えると、後者の副作用にも影響を与える可能性があります.薬を飲む時、医師、診察の時、医者にあなたはどんな薬を飲んでいます.

六,食べ方が健康な<P>と健康な<P>を食べます自分の料理と野菜と野菜と野菜をいっぱい積んで、自分の料理には、色の果物と野菜をいっぱい積んでいます.色が豊富になり、予防に役立つ抗酸化物が多くなります.また,これらの果物と野菜は季節的になり、また地元産、輸送と冷凍中の損失を減らします.

七、脳を保持する<P>pは脳の活力を保つ運動は読書、打

専門家は男性の婦人科腎臓の腎臓の2つの秘方を

私は生活の圧力と年齢の増加に従って、男の最大の苦衷は性の能力が下がって、房事は力が落ちて、たじろぐがない.通俗的に言うと、インポテンツ.これは自分の苦しみを、友達にもひどい目にあい、往々に子馬の朝駆け肝心な時、結果はいつもけんか別れになる、深刻な影響の夫婦.性機能は男のマーク、男たちはそれに十分に重視され、特に中年男.では、どのように増強能力を増強すべきか,衰弱した性の機能はどのように回復するのか、若い男性の友達はまたどのように予防能力の低下を予防することができますか?.次に挙げた方法はみんなで試してみて,婦人科、あなたは再び気力と自信を取り戻して、あなたは再び試みと自信を取り戻します.

方法、生活習慣、遠く離れて傷的行為

タバコは吸いません、酔っぱらう、夜ふかしず、運動など.

タバコは私たちが想像するほど簡単ではなく,男性生殖器の被害も大きいです.専門家は指摘して、長期喫煙は血液の流入の体の外の週間、ペニスの血液循環、影響性反応の発生、それによってインポテンツインポテンツを引き起こします.国外研究も指摘、血液循環不良によるインポテンツの要因に喫煙、糖尿病、高コレステロールと高血圧と、喫煙を重.だから、自分のために、早くタバコをやめるようにして.

1、両刃の剣は、疲れを軽減、リラックスし、リラックスし、自己的な行為と性心理に一定の調節と緩和作用を果たすことができると感じます.アルコールは、中枢神経システム、妨害性衝動刺激の神経反射により、男性のペニス勃起を抑制します.もしお酒の飲みすぎやアルコールによって性腺中毒、男子表現を血中罪丸ケトン低下、70%-80%人が現れてインポテンツや不妊.だから、アルコールは性欲と性機能の影響は:少量興奮、大量抑制、長期的に廃止.具体的には酒量が適切であるが、人によっては.酒には飲酒している人がいるという人もいる.事実上、飲酒は大量に飲んで飲酒が飲酒して、かえって男子性器の勃起して硬くなったり早漏して、しかも飲酒して受胎してまた胎児におびやかすます.

pはよく夜更かししやすい.専門家の専門家は指摘して、よく徹夜しやすく抵抗力の低下、記憶力が減退、神経衰弱、神経衰弱と胃腸の癖があると指摘する専門家は指摘している.今は都会人の生活プレッシャーもとても大きいです、特に男、昼間は忙しい一日、夜は深夜までよく熬ます.長く続けて、夜更かしが破壊人体生物時計の概日リズム、男の性ホルモンの分泌が乱れているので、夜型族」という男性の機能の障害の割合が高く、量的の蓄積につれて、よくによる深刻なもので、偶然性転換を永久的になり、器質性インポテンツ.

は運動を重視しなければならない.研究は、常に運動がインポテンツ確率を下げることができるだけではなく、それに役立つことを研究することを研究します.運動と参加しない2組の男の男に調査したら、毎週2回、フィットネス、走り