4月2017

腹を減らし虎の婦人科巻振らバケツ腰

1 .毎日8杯水の皆さんは,婦人科、毎日八杯水、刺激飲料を拒否することは、健康なスリムな体の最も有効な方法の一つです.みんなは朝ごはんを食べる前に飲み水や薄い白の蜂蜜の水が加速し、有効胃腸のうごめく一夜を前に、体内のすべてのごみ、代謝物排出し、腹が減って小さなチャンス.みんなは喉が渇きない時、体に水分を補充するべきです.体内に水不足は代謝レベルが大きく低下しています.コーヒー、ミルクティーなどの飲み物の中の水分を吸収して過程の中で、カフェインや糖分の作用で使う水分流失の大半が、だから、各位美妞ゆめゆめ完全に頼ってコーヒーや飲料の水分補給.2 . 6時前に夕食を食べて栄養学家と繊体専門家によると、3時間前に4時間食べて食べないで何か食べやすいことは太りやすい.しかし、もしもう小腹の美の女の子、夕食の時間を手配して、もっと早く時、夜ろく時前でも素晴らしい時間.そうするとできて、胃腸は寝る前に十分な時間をあけて胃の消化、食べ物、下腹部は脂肪が買いだめ、持つことができて平坦でセクシーな下腹部が.そしてみんなしっかり覚えておいて、食事してからくれぐれもお菓子食べなくて、よく自分の口に制御できましょう.さん.を座ってもサラリーマンのolたちも学生毎日に時間がかかるし、椅子に座って長い時間座っている非常に積み上げやすいお腹の脂肪、この時みんなは必要を習慣を正す座って、座って胸を張って、腹を収め、これでいくつかのお腹の脂肪を蓄積するで.皆さんはいつでもどこでも自分に注意して胸を張って、腹を収め、直の腰、座れば懸鐘、たとえみんな難しいことは常にが、みんなも考えただけかもしれないし,お腹からにマイナスにもなる斤めぐり多く脂肪のよ.4 .毎日お茶でお茶を飲む良い習慣を身につけて、各位の美妞に対してお腹を減らしてしかし非常に助けることができます.自分のお腹が飲むとすぐに小さくなりますよ.小さい編私はここでみんなに推薦して2種類の腹の効果の最も良い茶を推薦する.一つは荷葉茶、それは脂肪を分解することができて、便秘を解消して、また利尿して老年疾病予防に予防することができます.荷葉茶はどんな副作用もなく、長期に飲むことができる.荷葉茶はまた1つのとても良い特徴:長く飲むことができて、みんなは更にあっさりした食べ物が好きで脂っこく食品が嫌いになっています.2はウーロン茶ウーロン茶は半発酵茶、鉄、カルシウムなどの微量元素に富んで、消化酵素が含まれて促進、脂肪を分解する重要な成分を有効体内脂肪を燃焼させるだけでなく、まだ未来は、体に吸収された脂肪を直接排出し、さらに効果的に予防では脂肪の吸収を過ぎて病気を引き起こす.5 .のラップフィルムの原地では、ずっと保存されていますが、すべての整体の専門家、栄養専門家に認可されていますが,確かに多くの美妞と試みて成功しました.実はみんながラップをしている時間が長くて、正常には、多くの人はやはりアレルギー、皮膚炎などの現象が現れない、これは個人の体の体質を見る必要がある.ラップで腰法の具体的な!

女性が加護する方法の婦人科大全

陰道

膣のみみっちいは名の出るものだから、うっかりして事情になるかもしれない、どう我慢するのか分からない.実は、気をつけてまんねん万年の船、みみっちいの膣からも気をつけて.腟は月経の流出の通路で、子供娩出のパスを、感情のルートの一つも夫婦をつなぐ.膣の構造は非常に精巧なので、女性は異なっている時期にとても丁寧に加護するべきであるべきです.

Pは年齢、加護は不変

を加護している

婴幼期を容易にするためには、子供がよく着て快楽=倒計時発生しやすくて、陰門のサブ臨床感染を招き、小陰唇癒着.母は子供の小便は一旦発見線状にではなく、点滴状は、今は早く身の中.幼女は陰門の清潔,婦人科、不良な生活習慣を減らし、一日も早く封ズボンを.

思春期には、膣の長さと幅が増加し、粘膜がだんだん厚くなってきているということです.重要な表現は月経の潮が満ちてくるとき,陰門の清潔を保つことが重要.

提案:思春期の激しい活動は気をつけて,処女膜の損傷を免れて.清潔を保つ陰門は、毎日(少なくともに~さん日)はパンツ交換一回注意交換、月経パッド、必要な時にはシャワーで洗って陰門を防ぐため、逆行感染腟の灌漑の洗浄を行うことはできませ.

p>と<月経期産褥期シャワー

によって、妊娠期間は、女性が生涯代謝が最も旺盛な時期に、妊娠、体の内外で変化、膣も例外なく、分泌物が増加する.子供の降臨、膣も試練を経験し、たるんになります.

提案:月経期と産褥期なるべくシャワー、風呂から引き起こす可能性尿路感染.腟は性器官の一部分、连絡の関係のきずな、性生活の時保護する腟、暴力、避けるために腟アパーチャー、大出血などに必要な損傷を免れます.性交の前後は陰門を保つには清潔で、骨盤の感染を防止する.深刻な骨盤感染が不妊、深刻な結果につながる.また、絶対に家で子供、リスクの大きい以外、会陰剥の確率も高く、膣の完全性に影響します.分娩後、特に安産、膣をよく検査し、損傷、直ちに修復し、後患後患.

p>に<経閉期経閉期後、ホルモンのレベルをもっと低下、膣の粘膜が薄くなり、局部が影響されやすい細菌、老年性膣炎.

は、老年性膣炎は炎症ではなく、年齢の増加に従って、エストロゲンのレベルの低下、膣粘膜が充血しているため、特殊治療はありません.

ライナーは多いないで

に重点を置いて、誤解を避ける

は膣の加護に対して、道聴塗説はできない、まず1時に加護の中の各種の落とし穴を免れない.