葉酸と妊娠

葉酸とは?
葉酸はビタミンB群のひとつで、栄養機能食品として厚生労働省に認められている、正当派の栄養素です。また日本産科婦人科学会でも妊娠中に葉酸摂取を怠ると、先天異常を招く恐れもあると妊婦さんに注意を与えています。
葉酸と妊娠
葉酸が妊娠との関係の中で、注目を浴びている理由はきわめて妊娠初期に葉酸が不足すると、神経系の障害を持つ子供が生まれるリスクが高まるといわれているからです。
2000年からは母子健康手帳にも胎児奇形の発生予防のための葉酸の必要性が記載されるようになりました。
とはいえ、日本での葉酸の必要性や認知度は海外に比べてまだまだ低く、葉酸摂取を推奨されている妊婦さんでさえ葉酸不足を指摘されている現状です。
横浜市立大学などのグループが行った調査では、厚生労働省公表の摂取量の目安よりも多く摂取している妊婦は7.5%で、90%以上の妊婦が摂取不足であるという結果を出しています。
また妊娠中に喫煙している女性は、先天性異常や流早産の引き起こす可能性が高く、より多くの葉酸とビタミンCが必要になります。
妊娠初期の葉酸
だいたい受胎してから2~4週間ぐらいまでが細胞分裂の非常に活発な胎児期なのです。この細胞分裂が活発な胎児期に葉酸が不足すると、無脳症や神経管閉鎖障害による病気がおこるリスクが高くなるといわれています。
また葉酸には母体面でも疲労回復や食欲増進、貧血を防ぐ働きがあります。また精神面でも気持ちを整えて安定させる作用があるのです。
推奨される葉酸の摂取量
厚生労働省の「日本人の食事摂取基準2005年版」では成人で1日240μgを推奨量として提示しています。さらに妊婦では440μg、授乳時で340μgの摂取を推奨量としています。
追記文として「妊娠を計画している女性、または妊娠の可能性がある女性は神経管閉鎖障害のリスク低減のために400μg/日の摂取が望まれる」と記載されています。
また葉酸はサプリメントでも摂取できますが、自然な食材から補給したほうが体に吸収されやすくなります。

☟精力剤

このページの上へ