立秋の婦人科飲食は少ない酸

立秋"
;意味から秋の高温天気が続いて、しかし、多くの市民が"感じ;殘暑"威張る感じ、養生専門家は注意して、時には立秋とは、暑さを防ぐ滋陰養生保健のキーワード.殘暑は我が国の民間として立秋(8月7日頃くらい)後に短期回暑い天気.一般はちで発生し、きゅう、く月の提出日数約7~15日続けて.気象学上、処暑節気の後で連続してご日の最高気温35℃以上.この天気の原因には南後退の副熱帯高圧また制御長江と淮河流域及び地域の近くに、晴れ、日射強い形成連日、暑さを再登場天気,婦人科、人々に暑いたまらなくて、「殘暑と称する.この暑い気候、常に9月中旬下旬に続き、天気は本当にさわやかになり始めた.宜暑気払い滋陰立秋のあとに、昼夜の温度差は増大して、飲食の上では堅持して暑気払いを下げて、多く食べていくつかの滋陰肺を潤すことの食べ物.医学の専門家によると、秋の乾燥しているガスが上昇し、易傷の唾液、そのため、飲食の上でなければならない、肺を潤すことを滋陰宜、適当に食用ゴマ、もち米、うるち米、蜂蜜、ビワ、パイナップル、乳製品などがみずみずしい食べ物、胃を益する.また、豆類などの食べ物を多く食べて、少なく脂っこいおいしい食べ物の物.天気のことを考えかもしれないは暑くて、市民を多く野菜、果物を食べてダウンを熱、ビタミンやミネラル補足タイムリーに、中和体内の余分な酸性代謝産物、解熱解毒作用.新鮮野菜の汁を選ぶべきで、例えば:キュウリ、冬瓜、トマト、セロリなど.食用する果物は養陰の品を、例えば:ブドウ、スイカ、梨、バナナ.また注意しなければならないのは、立秋のあとに、生食大量のウリ、果物を誘発しやすくて、腸の胃疾患.だから、好みのびくびくして冷たく者食用するすぎ注意.重点的に養陰補養陰補虚虚秋こその良い時節が、秋を補って理解できない乱は、自分の体質がいい対症進むことに補う.もし呼吸音が低いので、神のだるさ、怠け者の言葉は、動いて汗をかき、食欲がなくなり、舌の質に属して气虚体質淡.黄耆で、党参、西洋参淹れて水を作ったり,おかゆは最も簡単な方式.もし顔色が靑白く、唇が薄い白、夜暑い寝汗、肌枯涩、舌の苔うす無は貧血体質.で当帰、赤いナツメ、かしゅう、クワをお粥、スープ、肉の煮込みときも加点.もし颧面火照り、口の乾燥しているただ飲み込んで、寝汗、尿が少なくて、赤、大便秘結、舌は赤が少ない苔陰液が不足した体質.麦冬で、五味子、山芋、ユリなど、粥を煮る時何味を放すことができます.調理は実際に立秋後に長い時間、気温も高い、空気湿度も大きい.もう夏バテの苦しみを経て、多くの人の好みはよくとてもびくびくして、このような気候の条件の下で、調理の好みは重点は熱を下げて、利湿、内臓を強くするのは、体内の湿邪尿からの排出を促進し、好みの機能の回復.脾臓の虚の人はよく食欲不振、肢体倦怠、顔色萎黄、秋も適度に食べて健康と胃の食べ物、好みの機能の回復を促進するため、例えばオニバスの実,山芋など.経過.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です