男性は早漏婦人科5大誤解に対して

を引き起こすことができなくて、いちで女性と性交快感早漏:男女性機能を発揮して、ある"男の速い女性が遅い"の特徴、男子表現を勃起は迅速で、すぐに性高潮で射精;反対に、女子の表現を性的興奮が遅いので、普通は経た十数分いくつかの時間が長くても遅い.

これは生まれつきの差だから、男は射精して女は根本的には性高潮に達してない、これはありふれたことだ.このような状況に対して、せいぜい性交と配合した性生活が調和しない問題です.

に、新婚早漏が一生早漏:新婚段階に発生しやすい早漏、ここでいくつかの原因:第一に、新婚段階性興奮特に高まって、性生活に憧れと憧れ、新鮮で好奇心があって、簡単に励起射精;第2、未婚の段階性器官でザーメン蓄積を生むことができて満腹性刺激、新婚は性生活,レビトラ,婦人科、速い射精しやすい;第三,最初は性生活、夫婦の間には至っていない満足配合の境界で、性機能の発揮は完全に正常な状態に入って、易が早期射精;第4、結局最初性生活、精神と心理の上に多少の考え方例えば知らない自分がいけないのか、それで満足している.女性は一体?過去にオナニーは邪魔?など.この精神因子干渉性機能を発揮、早漏を起こしても無理です.

P3、
早漏は勃起した必然的な勃起障害:早漏と勃起不全の発症機構と違い、そのため、相互に因果関係はありません.しかし確かに患者が発生し、長い時間早漏勃起障害が発生した後、また、これは心理の要素のせいで、長期早漏で、自分はむしゃくしゃして、毎回性交もおどおど、恐らく性生活の質が悪い,恐らく妻に満足しないで、そして心理締める枚、焦りや心配、これらの心理の要素を十分に勃起障害を起こす.もし本当に人に嘲笑されるなら、皮肉ると責めて、いっそう心の傷、ますます心理外傷をもたらし、勃起不全.

私は4、長いセックスした後で早漏、自分の性機能は問題がある:実際には、射精時間が出現の速いと遅いと、性交と時間の長さの間に反比例関係が存在している.つまり、性生活が活発で、毎回性生活の間の間隔の時間が短くて、性交時射精することが現れます.一方、性生活は多くなく、長く無性生活の中で、性飢餓、状況下、性興奮が急増し、性交したらすぐに射精されます.だから、たまには久しぶりに生活をして、性交して現れる早漏は、性機能に障害があるとは.

p> <ごと、他人が自分より速い、射精は早漏:これは更に大間違いだ、この他人と比較的にはまったく必要ない、一人一人の性生理活動と違って、しかも性生活経験と性生活週波数も全く同じで、比較可能性でないので、こうやって.

pは明らかにならないと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です