男は「不硬」どう婦人科する

男は不硬どう医網要旨:男の人はいつも不硬どうする?男のインポテンツ
どう介護すればいいの?近代的な社会に従って生活のリズムの加速、ますます多くの男性が自分の「だめ.夫婦生活はいつもやりたいが、たまにも考えも.いい夫婦関係の再いったん性生活満足しない、長いのも亀裂が生じ.ここは男を分析してみると、不硬、早漏の原因で、少しの助けたいから.男は、ハードの理由:勃起障害、つまりインポテンツいわゆる勃起不全、またはインポテンツとは、過去3カ月、ペニスを達成することができないことを維持し続けるや満足性交の勃起.可視勃起の品質が判断のよりどころとしてインポテンツ、勃起硬度は勃起品質の重要な評価指標!影響性生活の質の最も重要な要素は良好な勃起硬さではなく、ペニスの大きさや性生活の週波数!いわゆるだめ医学上のことは勃起障害(ED)、つまりよく言わインポテンツのが、多くの男はインポテンツが間違った認識:と思えばペニス勃起時より他人の短い、性生活週波数他人より多くまたは性生活短期間はインポテンツ.それではどんな状況にやっとインポテンツ?インポテンツの判断基準勃起不全、またはインポテンツとは、過去3カ月、ペニスを達成することができないことを維持し続けるや満足性交の勃起.可視勃起の品質が判断のよりどころとしてインポテンツ、勃起硬度は勃起品質の重要な評価指標!2007年の第22回ヨーロッパ泌尿学年で、世界各国からの専門家たちは合意:良い勃起硬度が影響性生活の質の重要な要因.減少インポテンツ発生頻度の方法のペニス勃起性交時、真っ先に挿入して、引き続いて繰り返し痙攣を含め、痙攣連続の抽出と挿入.成否の鍵は、陰莖の硬度.ペニス勃起硬度が十分、膣の抵抗を克服することができて、腟を挿入し、完瞭抽挿.女性にとって、ペニス勃起硬度を直接決めるこのG点火の押し出し、摩擦などの刺激の軽重を女性高潮程度も、感じの核心の要素.可視硬度が性生活の成否は、性生活満足度の基礎.インポテンツ治療の重要な目標:良い勃起硬度に関する研究によると、勃起硬度ほど性交成功率が高く、勃起維持の時間はもっと長くて、男性の自信や自尊心もっと;性生活満足度ほどいい.人に対しての調査でも、93.6%
ED患者より時間がかかると勃起硬度窓長(つまり薬物の作用時間長)より重要.可視良好な勃起硬度もインポテンツ治療の重要な目標.また、アジア太平洋地域の研究で、婦人科、勃起硬度満足の男女双方全体性生活と性生活の中のクライマックスの能力、違う性交姿勢の使用能力などの満足度も増す.そして、性生活に対して比較的に満足する男女の双方が、彼らは自分の家庭生活の健康状態や自信心の満足度も増えるし、よりも大幅に高い性生活に対して満足しない双方.可視勃起硬.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です