男の婦人科人が腎臓を作ってやることをして

p男は、何を食べて何を食べますか?腎臓のびくびくする人の男の人にとってはとても苦痛な事で、そんなに腎臓のびくびくする腎臓を補ってどうですか?次に男の人の腎臓の腎臓の精力を見ることを見て、あなたは足の男をします!

に1、ニラ

韮韮、また、精力と呼ばれる草の草.『本草綱目》の中の効果は:生ジュース主上ガス、吐き気に襲わ、解肉脯毒.汁を煮て飲むと、コホン寝汗が出て.いい温中血、温腎暖かい腰のひざ.でも、ニラは消化しにくいので、一度は食べすぎないと食べ過ぎてしまいます.ます曇るのぼせ旺者、患って疮疡眼病者は食べるのを避けてニラ.辛い人は食べないで、アレルギーの人も食べにくい人は食べにくいです.

2、エビ

エビの味の甘性について、腎臓の精力のある機能があります.現代栄養学者は、エビの栄養価は豊富に,婦人科、脂肪、微量元素(リン,亜鉛、カルシウム、鉄など)とアミノ酸の含有量が多く、また、ホルモンが含まれていると、腎臓に役立つ.西方で、人もブランデーしみこんでエビは精力、主治医に漬けたエビは腎臓、インポテンツ、性機能減退など症.

さん、イガイ

漢方医はイガイ肝臓の腎臓を補って ,益の精密な血を補うと思って、各種の虚労の症治療.その味がしょっぱくて、性は暖かくて、腎臓を補って、益の息温固精虚効果.適用男性の機能の障害、夢精、インポテンツ、不動労、消渇など症.男子常食は体を丈夫に体の増強性機能を増強する.松花イガイ粥が潤うの腎臓を補って、益の精密な血を補うと思っており、いらだって、逆上をとる.

4、羊肉の4、マトン

p>と<医圣張仲景羊肉は温補って、健康な体の肉、壮.現代栄養学も実証され、マトンは栄養豊富で、微量性ホルモンも含んでいる.杜仲の効果がもっと良い組み合わせを緩和することができて、腰のひざがぐったりして、疲れて夢精の症状.ヒツジの肉を食べるべきでありませんと進むことに補う禁忌が多い:酢、茶の同食を下げる効果を、さもなくば発生タンニン酸、タンパク質、便秘を誘発し.スイカやキュウリなどの冷たい食べ物を忌む、マトンの温補作用を大幅に低下させるには、お好みの機能もあります.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です