特別の婦人科ラヴレース宿題

キャンパスエピソード()

サトシ小学2年生の時、一つの月曜日、担任の劉を配置した特別な作業、たちは今日から、毎日日記を書き、記録した美人美挙、来週先生に提出検査.

いわゆる美人美挙、一番のは労働.しかし、以前は甘やかされたサトシ愛もない労働、仕事したことがありませんね.

最初、サトシといくつか事を瞎编湊湊日記ですが、彼はすぐにこの考えを否定した:彼はとても怠惰で、しかし結局は、嘘をつかない先生.

仕方ないため、湊日記の内容は、やはり働けよ.そこで、サトシから奪って家としました:掃除、テーブルを拭いて、ゴミ掃除を手伝って、公共の廊下、良いことをし、……

これでお母さん、自発的に大人に働いた、本当に大人になると物事をわきまえていた.彼はあまりきれいに掃除して、機に拭きような敵役が、子供は結局真剣にやっている.

一週間経ち、サトシは毎日日記を書いて、下記助けて親や隣人仕事の事を日記帳には多くのページ、どのページもびっしりと.先生は見たサトシの日記、上で満足げに陣は上手に書く!授業で○○編朗読.

以来、サトシは教室の上で自分の日記を朗読した後、彼はもっと愛して働いた.そして、徐々に、彼の小脳袋瓜児にはいくつかの微妙な変化が発生しました:最初、彼は労働に日記湊内容で、しかし仕事ぶりを見るたびに、母に満足して、隣のおじさんのおばさんに褒められた、彼は自分で甘い、その後彼をできるだけの労働と信じて彼の仕事は怠惰になった!

とサトシのように、他の同級生も似たと変化.

本当に思いがけなく、先生配置の特別な宿題も、サトシたちに小さな注入そんな不思議な触媒を導いて、怠惰な子になって勤勉な子供.

本文を随寓而安オリジナル、著作権を個人所有.ネット転載《1品網.印刷メディアに掲載され、本人が同意しなければ、ご本人と連糸:.COM.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です