峨眉山記崖の婦人科上のポニョ――2013.8.22-23

作文崖の上のポニョ網が無断転載特別大変

諺によると:蜀の中で多い仙山、峨眉多ジュンスの四つの仏教名山の一つの峨眉山みたいにより、普九華など静かな、そこに仏事盛んで、大小のお寺で全26座、着名な8座で、それは神より、雲海、日の出、圣灯の四大景観で名高い.きれいに透き通った小川がさらさらと流れていて、灵猴たちは森の中で自由に遊び遊ぶ…… 、ふもとの下で、私は思うそれと一般山に道路がまるで1本盤臥は山のみずちとして、普賢菩薩の道場で、静かな雰囲気に侵入した一人一人の鼻の穴、清音阁、一本ずつ焼香に漂って空中で煙、ない姿を消し、真っ黒の岩石に草が生えている、険しい山道が険しく、道はセメント板、もう疲れた汗をかいて、息切れ、竿でしか乗って座って竹かご、山という菩薩は大敬の!這い峨眉山だけでなく、体力の試練、更に人々は根性による!  ;突然、耳が鋭い声が聞えて、元は追いはぎをするのサルは、これらの猿は体つきは肥満、食べ慣れた観光客の食べ物、リラックマの木に、のんびり寝て、この時、サルを見て我々は置いて包みの中の水や果物は、迅雷耳を掩うに及ばず勢いを持って、いっそのことはただの荷物を持って、人は何かを傷つけ、後に隠れて木に興味津々に食べて、しばらくの間、お腹は膨れて膨れて、峨眉山の時にサルブタ売りこの言葉から見ると少しもにせで、初日でこの川でのんびりと終わりました、夜入居ゼロキロ. 翌日の朝、私たちは車で来て雷洞坪、接引殿へ歩いていって、上はとても寒くて、ずっと震え、冗談です、ここはすでに海抜2千メートル、約半時間、私たちに座っている接引殿、100人以上の大観覧車車に来て、金頂.ああ、金はいよいよ、これは興奮し!、で人々が興味津々で叫ぶと、まず目につくのは普賢の馬でもわかる、上を見ると、普賢菩薩のアカデミーで靑空と白雲の背景にはそうは厳かでしめやかである!時々、白雲を渡るそれのそばにいて、私のように感じる仙境に来て、すべての人はすべて普賢菩薩の威厳石化され、やる事ごとにも慎重で、でもしばらく、やんちゃな雲霧はそれを隠し、私は突然遠く普賢突然近いようようでないような感じ本当に奇妙なよ! 峨眉山が私の心のような勢いのヒマラヤ、険しい泰山……しかしそれの美しい景色にすでに私の魂!

       ;;;6年生:涵養飄々2014

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です