専門家は男性の婦人科腎臓の腎臓の2つの秘方を

私は生活の圧力と年齢の増加に従って、男の最大の苦衷は性の能力が下がって、房事は力が落ちて、たじろぐがない.通俗的に言うと、インポテンツ.これは自分の苦しみを、友達にもひどい目にあい、往々に子馬の朝駆け肝心な時、結果はいつもけんか別れになる、深刻な影響の夫婦.性機能は男のマーク、男たちはそれに十分に重視され、特に中年男.では、どのように増強能力を増強すべきか,衰弱した性の機能はどのように回復するのか、若い男性の友達はまたどのように予防能力の低下を予防することができますか?.次に挙げた方法はみんなで試してみて,婦人科、あなたは再び気力と自信を取り戻して、あなたは再び試みと自信を取り戻します.

方法、生活習慣、遠く離れて傷的行為

タバコは吸いません、酔っぱらう、夜ふかしず、運動など.

タバコは私たちが想像するほど簡単ではなく,男性生殖器の被害も大きいです.専門家は指摘して、長期喫煙は血液の流入の体の外の週間、ペニスの血液循環、影響性反応の発生、それによってインポテンツインポテンツを引き起こします.国外研究も指摘、血液循環不良によるインポテンツの要因に喫煙、糖尿病、高コレステロールと高血圧と、喫煙を重.だから、自分のために、早くタバコをやめるようにして.

1、両刃の剣は、疲れを軽減、リラックスし、リラックスし、自己的な行為と性心理に一定の調節と緩和作用を果たすことができると感じます.アルコールは、中枢神経システム、妨害性衝動刺激の神経反射により、男性のペニス勃起を抑制します.もしお酒の飲みすぎやアルコールによって性腺中毒、男子表現を血中罪丸ケトン低下、70%-80%人が現れてインポテンツや不妊.だから、アルコールは性欲と性機能の影響は:少量興奮、大量抑制、長期的に廃止.具体的には酒量が適切であるが、人によっては.酒には飲酒している人がいるという人もいる.事実上、飲酒は大量に飲んで飲酒が飲酒して、かえって男子性器の勃起して硬くなったり早漏して、しかも飲酒して受胎してまた胎児におびやかすます.

pはよく夜更かししやすい.専門家の専門家は指摘して、よく徹夜しやすく抵抗力の低下、記憶力が減退、神経衰弱、神経衰弱と胃腸の癖があると指摘する専門家は指摘している.今は都会人の生活プレッシャーもとても大きいです、特に男、昼間は忙しい一日、夜は深夜までよく熬ます.長く続けて、夜更かしが破壊人体生物時計の概日リズム、男の性ホルモンの分泌が乱れているので、夜型族」という男性の機能の障害の割合が高く、量的の蓄積につれて、よくによる深刻なもので、偶然性転換を永久的になり、器質性インポテンツ.

は運動を重視しなければならない.研究は、常に運動がインポテンツ確率を下げることができるだけではなく、それに役立つことを研究することを研究します.運動と参加しない2組の男の男に調査したら、毎週2回、フィットネス、走り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です