女の婦人科生育能力を決めることにして

" p " p>出産は1つの女性にとって非常に重要で、子供が家庭の希望なため、だから女は出産できないなら、家にいる“地位”は非常に下がることが多い.今は出産できない女性が増えて、これらの人は別の分野で成功の同時に、自分で出産の機会を失う!

今たくさんの女の子はすべて異なった趣味を追いかけて、追いかけ成功の同時に同時に、自分の健康を軽視しました.ある人は妊娠する計画が比較的に遠いと感じて、だから体に対してとても重視することで,このように彼らはいくつかの落とし穴を発生させます.今多くの悪い習慣が彼女達に出産の能力をなくして、体の健康なことを考えて、下の事件のよく発生することを防止します.

ダイエットと低脂肪食

には過剰にダイエットとダイエット

に多くの女性を求めてほっそりした体が手を尽くして、研究によると,婦人科、過度のダイエットによって不妊.女性の体脂肪は男性ホルモンが女性ホルモンに転化し、生産に必要なエネルギーを同時に提供するので、脂肪は女性に出産する能力が重要です.体重が軽い女性不妊の機会は最大で、これらの女性の月経はとても正常で、実は彼女達はすでに妊娠する能力を失いました.やせ過ぎ女性から一見停止が続けて排卵月経に来て、また痩せてが全然更年期障害.

2):何度も人の流れ

人の流れは女性のダメージは最大の、女性は、人の流れが初めてで出産の能力を失うことになる人もいるかもしれない.人の流れは体のダメージは大きい、一部人が避妊して成功しないと人の流れを選択して自分の誤りを取り返す,このように自分は不利になる.多くの人は、女性が多くの婦人科疾患の病気になることができますので、簡単にすることはできません.

長期喫煙<P>に長期喫煙

いくつかの若い女性と喫煙をファッションの行動様式が、なんの外見のあか抜けて与えない彼女たちのは後悔の苦しみ.タバコにはニコチンやニコチンが全身血管障害、子宮血管にもなりますので、おかさ.妊娠初期に発生しやすい流産、中期が妊娠中最も危険な合併症の一つ――高い症について.また長期喫煙は体を全体のホルモンシステム、卵巢機能に影響され、内分泌疾患による不妊症.

よんしよ):性散財や享楽主義

いくつか若い女性が、交友によると、多くの個性的な伴侶、感染性疾患.女性が性病に感染症の確率は男性よりはるかに大きいという.もし女性不幸に感染したからって性病、潜伏期間を経て、一時はまだ見えない影響が、知らず知らずのうちに起こった骨盤炎になり、不妊症.

出産年齢を黄金年段に押してから

して

の年齢の増加に女性が出産能力の影響は非常に大きいから、女性の生理の法則にとって、出産能力最強25歳、さんじゅう歳から徐々に低下し、35歳以降急速に低下し、44歳以降の87%を失った女性」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です