ワインは何の婦人科メリットがありますか?ワインの効能と作用

はブドウワインで果実やブドウの汁を経て、発酵して作成したアルコール飲料.果物の中で、ブドウのブドウ糖の含有量が高く、貯蔵酒を出す時間がそれが常にブドウ酒を醸造する.ワインは現在の世界で生産高が最大、普及最も広く普及している単糖.早くは6千年の昔、ブドウの産地で地中海地域、川流域のシュメール人とナイル川流域の古代エジプト人が醸造ワイン.面白いのは、舞踊文化においてワイン舞とブドウの豊作で、祝いの団体舞踊です.ワインはキリスト教でイエスキリストの宝血の象徴とされている.

pのワインの効能と作用<P>pのワイン性の温味甘、肝、脾、心.心の心血管,婦人科、美顔スキンケア、抗がん抗腫瘍、食欲増進、疲労、疲労、止血利尿効果.主治医は食欲がなく、手足がだるい、精神眠かっ、不眠、小便は暢.

本草綱目:ワインは腰に腰を."ワイン"には、"ワインの運勢は、%、%の.」

1 . 3分の1には栄養の作用がある

Pワインには糖、アミノ酸、ビタミン、ミネラルが含まれます.これは人体には欠かせない栄養素だ.これはあらかじめ消化して、直接人体に吸収されることができます.ワインの中のフェノール物質や奥立多元素(OligoeLement)、高酸化剤防止機能で、人体の交替の過程で発生の反応性酸素(Ros)人体へのダメージ(例えば細胞中のDNAとRNAのダメージ)、これらのダメージは、いくつかの変性疾患、例えば白内障、心臓病、動脈硬化、老化の要因.そのため、いつも飲む適量のワインは、寿命を延ばす長生きの老化を防ぐ効果
.

p2 .衰えを延ばす<P>Pは金属同様、大自然には次第になっていく、.人体の酸化の張本人は酸素ではなく、酸素自由ラジカルは、核に対する不対.このような不対の電子化学反応が起きやすい、損害DNA(デオキシリボ核酸)、たんぱく質や脂質など重要な生物分子細胞膜の輸送に影響され,さらに過程を各組織、器の機能を促進し、機体の劣化.赤ワインに多く含まれているの酸化防止剤、例えばフェノール化合物、タンニン酸、フラボノイド物質、ビタミンC、ビタミンE、微量元素セレン,亜鉛、マンガンなど、対抗酸素フリーラジカル消去・ので、抗古い病気を防ぐ作用.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です