コーヒー豆の婦人科研磨は細く、抗酸化物を獲得して

じゅういち/じゅうご谭敦慈@康健ロハス節教え生活防毒Tips~無料申し込み>>、

コーヒーは、既知の天然物質組成最も復雑な食べ物から、科学者のコーヒー豆の中で分離する300種以上の化学物質が熟豆よりガンダム800以上の種類を含め、多くの酸性有機化合物、しかしカフェ酸香風味のソースは、もっと健康に益の抗酸化物
.

その中はクロロゲン酸(chlorogenic acids)含有量が最も豊富で、韩怀宗指摘クロロゲン酸は味蕾には渋い口をしながら、強い抗酸化とクリアの自由な基の能力は研究し発見して助け人体抗がん.経過焙煎した後、クロロゲン酸分解分解割キニーネ酸(quinic酸と同じカフェ酸、抗酸化作用.

好コーヒーを飲む人はすべて認め—品コーヒーを飲んで最も香の時点で飲む時ではなく、研磨豆と炊いた瞬間、満室て心地よい香りは、揮発性抗酸化物の役割は、磨豆ほど細い,粒より、空気と接触の総面積もますます大きくて、抗酸化物の揮発性が消える.

それは、揮発性を減らして、コーヒー豆を研磨する際に太め、抗酸化物の摂取を高めることができますか?カフェ学』の作者韩怀宗糸瓜の皮とも思わず、彼は、これらの揮発性の抗酸化物なら仕方ないが水に溶けて、殘しても更に多くも食べない.

「水溶性の抗酸化物質が人体に吸収されて、磨得愈細く、萃検出率も高く、愈されて溶けやすい有機酸とフェノールの抗酸化物、と提案した.

国際コーヒー組織は1シリーズで実験し、研磨などを計算すると濃度の関係があると計算しています.はクロロゲン酸を例にして、コーヒー豆粗研磨の下、リットル抽出さ700 mgクロロゲン酸、もし採細かい研磨は向上する溶出量1リットル1065ミリグラム、若以マイクロ研削コーヒー豆、クロロゲン酸よりガンダム1177ミリグラム/リットル,比較粗粒に7割.

コーヒー機は違う研磨度を採用するべきだと

は理論上コーヒー豆研磨ほど細い、抗酸化物ほど溶けやすくて、しかし実際の操作には考えなければならない、衝コーヒーを沸かす方式と時間の長さに浸し、調整合いの研磨度.

もし磨て細い水コーヒー粉と接触面が多すぎて、取り出しやすい萃あまり不純物や苦味が、もしつぶすのが太く,婦人科、水おしろいの接触は足りないで、入れないコーヒーの香り.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です