あなたの婦人科出産能力は、これらの生活の詳細を破壊する

今この時代、女の命はますます多彩になり、最も原始的生活義務——出産、現代医学の発展により、空前の自由:生まれの生をもたらしたのではないか.何時生?何で生?権力を選んで完全に私たちの手には完全に.しかしあなたが注意していないで、実は生活の中の多くのあなたに冷ややかな細部まであなたの影響を壊す出産能力、続いて、あなたに教えて以下の5つの妊娠する知識はいつも自分を加護してこそ、成功に楽しいマミよ,
レビトラの成分

1大貸越貸越:人工流産

は人工流産は、人工流産、骨盤炎、結果、喇叭管――私たちの体には非常に重要な生育チャネルで、それの内径にはボールペン芯の太さがある.卵管炎症後に滯が発生し、不妊が発生します.

により、出血の危険性は大きい、出血時間が長く、感染の機会がもっと多いということです.

また、人工流産を繰り返して、子宮の機能層は痩、妊娠、妊娠時、胚胎は石の中の若木,婦人科、多くの栄養分を得るために、一生懸命深く深く根を根づくことが必要です.出産時の胎盤で自動娩出し、より重いと胎盤インプラント、胎盤や子宮に成長して一体になって、医者は子宮切除する.流産の回数と将来の発生の危険は比例して比例するのです.

二大貸越貸越:喫煙

は喫煙

を喫煙<P>しては1つのとても自然な生理過程で、多くの女性はすべて軽くなって10個の月を過ごすことができて、喫煙する女性、容易に妊娠の合併症が発生しやすいです.

は、ニコチンとニコチンが全身血管に病変、子宮血管もおかさ.妊娠初期に発生しやすい流産、中期、妊婦が高い症の危険が大きい、全身の血管けいれん、血圧が高く.について、高い症は妊娠中最も危険な合併症のひとつ.

長期喫煙よりも体を壊してしまうシステム全体のホルモンの影響、卵巢の機能によって、内分泌の原因の不妊症.私達はすべて知っていて、タバコを吸う女容貌早老、ただ体オーラの表現を反映して、内部に期待をされたホルモンシステム――女つやつやの顔で潤すのエストロゲン.

貸越:年齢は35歳以上の

は年齢が35歳を超えて女の人の生理的な法則から、生育能力最強は25歳、30歳後にゆっくりと下降し、35歳以降には急速に下降し,44歳以後、87歳以後、女性は受胎の能力を失った.

最近海外一つの実験を行い、体外人工授精、よんじゅう歳以上の女性の卵子と若い男性の精子を1組,さんじゅう歳以下の女性の卵子とごじゅう歳以上の男性の精子をもう一組、後者の成功率が著しく前者より高い.この説明、年齢の増加は女性の出産能力の影響に対してもっと大きい.

男性にとって精子は30日に1回更新され、女に対して、生まれてから、卵子は私たちと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です